YADOKARI

2018 年から始まる「つみたて NISA」って何?(2)証券会社の選び方とかかる費用

前回の記事で、つみたて NISA の概要を理解したケイタ。どうやったら始められるか、その方法をマリから教わることにした。

talk_user
マリ
では、つみたて NISA を始めるために、まずは証券会社を選んでみましょう。
つみたて NISA に限った話じゃなく、投資をするには、まず証券会社に口座を開く必要があるんです。

talk_user
ケイタ
なるほど。どんな基準で証券会社を選んだらいいの?

talk_user
マリ
証券会社も数多くあるけれど、ここでは手数料が安いインターネット証券を中心に見ていきましょうか。結論から言うと、インターネット専業でやってる証券会社なら、どこでも大差はないですね。

talk_user
ケイタ
そんな雑な説明されても選べないよ……(苦笑)。

talk_user
マリ
いやー、でもホントなんです。

というのも、証券会社を選ぶ時には口座を持っているだけで月額でかかってくる「口座維持手数料」が重要な基準になりますが、インターネット専業の証券会社であれば、どこもほとんどお金はかかりません。

強いて、一点だけ手数料以外の基準を挙げるとすれば、もしすでに買いたい投資商品を決めている場合は、口座を開こうとしている証券会社が、その投資信託を取り扱っているかを調べておいたほうがいいですね。

なお、つみたて NISA の対象となる投資商品のほとんどが投資信託と呼ばれるものなので、これ以降は投資商品=投資信託として説明します。

talk_user
ケイタ
証券会社によって、どの投資信託が買えるかが違うから……ということ?

talk_user
マリ
その通り。でもケイタ先輩のような、これから初めて投資を始めるという人は、そこまで考える必要はないから大丈夫。

以上を踏まえて、取扱口座数が多いインターネット専業の証券会社を三社を挙げると、こんなところですね。
  • 楽天証券
  • SBI 証券
  • マネックス証券

talk_user
ケイタ
おお、三つにまで絞ってくれれば選べます!

talk_user
マリ
もちろんこの三つでなくとも、もしすでに自分が口座を開いている証券会社の口座維持手数料が無料だったら、その会社をそのまま使ってもお得です。

talk_user
ケイタ
でも、ちょっと待って。手数料が無料って何か怪しいな……。証券会社は、どこで儲けているの?

talk_user
マリ
するどいですね。実はつみたて NISA で投資信託を買う時にかかる手数料は、口座維持手数料とは別に、もう一つ「信託報酬」と呼ばれるものがあります。

talk_user
ケイタ
何にかかるお金なのか、さっぱり分からない……。

talk_user
マリ
これは運用を任せるための手数料ですね。

投資信託というのは、ケイタ先輩みたいな投資の素人が、運用をプロに任せる仕組みだから、そのプロに任せるための手数料といったところです。このプロというのは証券会社とは別の会社なのですが、信託報酬の一部は証券会社にも支払われています。

talk_user
ケイタ
へー、なんだか遠回りなお金の流れな気もするけれど、とりあえず証券会社も、ちゃんとお金は受け取ってるんだというのは分かった。

talk_user
マリ
これでも、だいぶ説明を簡略化してますけどね。

talk_user
ケイタ
ちなみに、その信託報酬というのはどれくらいかかるものなの?

talk_user
マリ
投資信託によりますが、つみたて NISA の場合は投資した金額に対して 0.5%〜1.5%(年率)です。

talk_user
ケイタ
それって安いのか高いのか全然、分からない!

talk_user
マリ
つみたて NISA の投資信託であれば、信託報酬は総じて安いと思ってもらって大丈夫です。
金融庁が、投資家の利益につながるように、そういう基準でつみたて NISA の対象となる投資信託を選定しているので。

talk_user
ケイタ
なんと、それは安心だね。あとは、信託報酬以外にはお金はかからないの?

talk_user
マリ
つみたて NISA についてはそうですね。
世の中の投資信託には、これとは別に購入する時に証券会社に支払う手数料が発生するものもありますが、つみたて NISA の対象となる投資信託には、購入時の手数料はかかりません。

talk_user
ケイタ
えー、そこまで良心的だと、何か怪しいな(笑)。

talk_user
マリ
金融庁が投資する人を増やすために、つみたて NISA で買える投資信託では販売手数料をゼロにすることを条件にしてるんです。
多くの人が少ない金額で始めるために、なるべく手数料の安い商品が選ばれているということですね。

talk_user
ケイタ
なんだか証券会社にとっては世知辛い制度だね……。

talk_user
マリ
そうですね、実際に業界からは「こんな条件で投資信託を売っても儲からない!」という声が、ちらほら聞こえてきています。

それでも、もし長期に渡って投資信託を買い続ける投資家が多くなればその分、信託報酬から得られる収益も増えるし、投資家も資産が増えるし、お互いがハッピーになる世界はきっとあると考えて作られた制度ですね。

talk_user
ケイタ
よく分かりました!じゃあ早速、証券会社に口座を開いてみようかな。
特にこだわりはないから、さっきの三つの中からエイヤで、SBI 証券に決めた!

僕もこれから「投資家」か……。なんだか、かっこいい響きだ!

talk_user
マリ
その調子!では次回は実際の口座開設の手続きをやってみましょうか。
2017/12/26 19:00
知ってそうで知らないお金の話

知ってそうで知らないお金の話

「聞いたことあるし、何となくは分かっているけれど、実はよく理解できてないんだ…」というお金の話題、ありませんか?制度がめまぐるしく変わる昨今の動きを、会話形式で誰にでも分かるよう、やさしく解説します。

https://zaim.net
App Storeを見るGoogle Playを見る