YADOKARI

2018 年から始まる「つみたて NISA」って何?(1)今までの NISA とココが違う


2018 年から「つみたて NISA」という制度が始まると聞いたケイタ。調べてみると、投資して儲かった分の税金が免除される仕組みのことらしい。でも、以前から「NISA」という制度は存在していた記憶がある。つみたて NISA は、普通の NISA とどこが違うのだろう? そんな疑問を持ったケイタは、職場でもお金の管理をしっかりしているという噂の後輩・マリに聞いてみることにした。

talk_user
ケイタ
マリさん、つみたて NISA が 2018 年から始まるって聞いたんだけれど、これって何がお得になる制度なの?

talk_user
マリ
あら、ケイタ先輩がお金の質問をしてくるなんて、珍しい。

そうそう、 2018 年に新しく始まる「つみたて NISA」は毎年 40 万円以内の投資であれば、始めてから 20 年間に渡って、投資で儲かったお金に税金がかからなくなるという制度です。

通常の投資であれば、1 年間に 10 万円が儲かったら約 20%、つまり 2 万円の税金を支払わなくてはなりません。一方、つみたて NISA を使えば、それがゼロになるんです。

talk_user
ケイタ
そうなんだ。でも NISA ってすでに制度としてなかったっけ?

talk_user
マリ
そうですね、2014 年から NISA 自体は始まっています。つみたて NISA はそこから派生した新しい制度で、今までの NISA よりも非課税となる金額が少なく、かつ期間が長くなっていることが特徴ですね。


talk_user
ケイタ
ふーん……そもそもすでに NISA があったのに、なぜもう一つまた始まるの?

talk_user
マリ
詳しいことは分からないけれど……当初の NISA では思ったほど投資を始める人が増えなかったので「もっと期間を長くして、参加しやすくしたほうがいいんじゃないか?」って、国も思ったのかもしれないですね。

talk_user
ケイタ
なるほど。でも、なぜ国はそんなに僕たちに投資をさせたいのだろう?

talk_user
マリ
経済を活性化するとか、諸外国と比べて投資よりも銀行に預けているお金が多いとか……いろいろあるでしょうね。

ただ、今後は「自分が労働して稼ぐ」というお金のほかに「運用して稼ぐ」という習慣をつけていくことが、より重要になるのかなと思います。

だって、昔と同じようには年金はもらえないだろうし、そもそも今、自分自身が働いてお給料を稼いでいる方法が、数年後には陳腐化してしまう可能性だってある。これからの社会の変化を考えると、労働以外からも、お金を稼げるようになっていることがリスクヘッジになるかもしれませんから。

talk_user
ケイタ
まあ、確かに。ちょっと前まで人間がやっていた作業もどんどん機械に取って代わってきているし、最近では自動運転とか無人コンビニとか、そんな未来も見えてきているよね。

talk_user
マリ
そうそう。でも決してそれは悲観することじゃないですよ。そういった新しい技術を提供する企業に転職できる人はすればいいし、それが難しい人は、まさに投資という手段によって、その会社の利益を得られるようになるんですから。

talk_user
ケイタ
なるほどね。ちょっと興味がわいてきた。
ところで、なぜ、つみたて NISA は以前からある NISA よりも、投資期間が長くなっているの?

talk_user
マリ
そうですね、一言で言えば長期投資のほうが「投資資産の値動きが安定するから」ですね。
実際に過去のデータを見てみましょうか。この図は、過去 40 年間の株価の値動きを期間別に見たものです。

出典:一般社団法人投資信託協会「東京証券取引所1部上場銘柄全体の投資収益」

talk_user
マリ
見ての通り、1 年だけ投資した場合は儲かるケースと損するケースの差が大きいですよね。それに比べて 30年投資の場合は、「最高」「平均」「最低」の三つののケースとも大体似たような値動き(=儲かり具合)になるんです。

talk_user
ケイタ
本当だ。1 年だとものすごく儲かる時もあるけれど、逆にすごく損をする時もあるんだね。

talk_user
マリ
そうそう。

talk_user
ケイタ
となると、どうせ投資をするなら、つみたて NISA がいいのかな。本当に普通の投資に比べてデメリットはないの?

talk_user
マリ
これから投資を始めるという人には、ほぼないと言っていいと思います。

強いて言うなら、投資商品がいくつかの限られた対象から選ばなければいけないということかな。でも、世の中にはそれこそ星の数ほどの投資商品があって、例えば投信信託と呼ばれるものだけでも 5,000 本以上も存在するんですよ。よっぽど詳しい人でなければ、その中から好きなものを買えと言われても、逆に困るでしょう?

talk_user
ケイタ
5,000 本……そんなにあるんだ。うん、それは絶対に選べない(笑)。

talk_user
マリ
だから、こうした分野を管轄する金融庁が、長期投資に合っていると見なした投資信託を選んで、つみたて NISA の対象商品としてるんです。実際の始め方はまた次回にお話しましょうか。
2017/12/26 18:30
知ってそうで知らないお金の話

知ってそうで知らないお金の話

「聞いたことあるし、何となくは分かっているけれど、実はよく理解できてないんだ…」というお金の話題、ありませんか?制度がめまぐるしく変わる昨今の動きを、会話形式で誰にでも分かるよう、やさしく解説します。

https://zaim.net
App Storeを見るGoogle Playを見る